美しいマッサージを使いたい、ワンランク上のビジネスマッサージの作法

人気記事ランキング

ホーム > 評価 > 評価で自分を振り回される必要はない

評価で自分を振り回される必要はない

世の中見渡せばいろいろな人がいますが、見ている人を評価してしまっているということは珍しくないのではないでしょうか。第一印象で「この人かわいい」とか「優しそうな人」などといったケースです。勿論実際にその人と関わってしまうと、性格や人格なども評価されてしまうものです。 勿論人間はそれぞれ千差万別であるので、性格もそれぞれ違ってきます。そしてその集まりが組織、いわゆる会社であったりするわけです。会社となると自社の利益のためにチームとなって動くものであるので、性格が合わないからと言って何かしら理由をつけて評価が落ちるなどというケースもあるのではないでしょうか。 評価というものは人がするものではあるが、そもそも他人ってその人の全てを知っているというわけではありません。会社であれば社内での行動しか見ていないものです。仕事の実力は確かに見られるものではあるが、その実力がそのまま評価に反映されるとは限りません。 でも、他人がする評価で自分が揺さぶられるといったことはあってはいけません。評価が低いからと言って「自分って実力ないんだ…」と落ち込んだまま仕事をしているとますます評価が落ちていく、という人も結構いるものです。 ただ人の評価を一切見るなと言うのは間違っているものですが、評価が悪いからと言って逃げ道ふさいで追い詰めるなどする人もいます。評価は自分の現在の状況を指し示す指数と考えて何をすれば評価をあげられるのか、実力を上げることができるのかを考えるべきではないでしょうか。

子供の野菜嫌い